雑記

今日は何の日☆ありがとうの日☆

こんにちは、ハルです。

今日は3月9日、3と9、サンとキュー…『サンキュー(ありがとう)の日』です!
NPO法人HAPPY&THANKSが「ありがとうを届ける日」として制定したそうです。
そして2007年に「3月9日」がありがとうの日として、一般社団法人日本記念日協会に認定されました。
初めて知った存在日本記念日協会。会長は俵万智さんかな?

せっかくなので、普段何気なく使っている『ありがとう』という言葉について、少し掘り下げてみましょう。 

由来「ありがとう」=「有ること」+「難しい」

「ありがとう」の由来は仏教の教え、お釈迦様の教えからきているそうです。
そう、実は「ありがとう」という言葉は仏教用語!とても身近なところにお釈迦様の教えがあったんですね(´-`*)

「有り難い」とは「有ることが難しい」ということで、めったにないことを言います。
その話としてお釈迦様は阿難(弟子)へ、とてもあり得ない確率の事柄を例に出し話をされました。

お釈迦様
お釈迦様

弟子よ、広い海の海面に、穴の開いた木がプカプカ浮かんでるのを想像してみ

弟子
弟子

はい

お釈迦様
お釈迦様

そしてその広い海に、100年に一度だけ、息をするために浮かんでくる盲目の亀が生きてる。

想像した?

弟子
弟子

はい

お釈迦様
お釈迦様

そしてさて弟子よ、その亀がプカプカ浮いてる木の穴に頭が入ってしまう確率は、

どのくらいだと思う?

弟子
弟子

え…それは、ありえないのでは?

お釈迦様
お釈迦様

全くありえないことだと言い切れる?

弟子
弟子

それは…言い切ることはできませんが、しかしとてもとても難しい、

ありえない確率だと思います!

お釈迦様
お釈迦様

そう…ゼロではないけど、難しいよね。

それくらいの確率で人に命があるんだよ。

それくらい、人の命は有り難いものなんだよ。忘れないでね。

フローズンヨーグルト並みにかみ砕いてみました。
正しく読み解きたい方は、涅槃経(ねはんきょう)の経典に「盲亀浮木」(もうきふぼく)という話がありますますので是非に。
人間に生まれることは、それほど素晴らしいことだと、お釈迦様は教えてくれているんですね。

いろんなところで『ありがとう』

ありがとう

『ありがとう』とは不思議な言葉で、ありがとうと唱えれば(伝えれば)相互に良い縁が生まれます。
お互いにホッコリしてしまいますよね。
例えば自分がイライラしていたり、ツンツンしている時でも、ある人から「ありがとう!」と言ってもらえたら、たとえ一瞬だけだとしても、フワッとした気分になりませんか?

家族、友人、恋人、会社の人達、いろんな人達に対して伝えるのは勿論ですが、物に対しても「ありがとう」という気持ちを伝えてあげるといいですよね。
「今日も我が家を守ってくれてありがとう」と思ってドアを閉めれば、自然と手つきが優しくなりませんか?

物や人を大切にする自分自身にも、「ありがとう」って伝えてあげましょう。
今伝えましょう!
今日も健康でいてくれてありがとう!!

まとめ

ありがとう

何気なく過ごしていた今日ですが、実はこんなに素敵な日だったんですね。
知らずに過ごしてしまうところでした。気づかせてくれてありがとう!(人”▽`)

そして、今日だけに限らず「ありがとう」という言葉がすらっと出てくるような自分になりたいですね。

ではでは!ハル でした。

ABOUT ME
ハル
シングルマザー三十路の私です。 ひとり親だからこそ、自由に楽しく、大好きな我が子との毎日を楽しんでます! 『思い立ったが吉日』。やりたい!と思った時が一番の旬なタイミングと考え、やってみる事を心がけてます。 飽きっぽい私だけど、途中で止めても、やるだけで経験! 整体・弓道・居合道・中国語の勉強を始めました!